子どもの歯の治療

子どもの歯について

乳歯の虫歯やよくない歯並び、気にはなるけど「どうせ抜けて生え変わるから…」と思って、放っていませんか?健康で歯並びの良い大人の歯にしていくためには、乳歯の時からしっかりと管理していくことが大切です。
子どもの頃に無理な治療をしてしまうと、歯医者にトラウマを持ち、治療を受けることができなくなることがあります。
そのため当院では、無理に治療をせず、まず歯医者に慣れるところから行っております。

子どもの歯磨きについて

赤ちゃんの毎日の歯磨きはとても大切です。しかし、赤ちゃんの口に無理やり歯ブラシを入れて歯を磨こうとしても、うまくいくものではありません。また、無理やり歯磨きをすることによって、歯磨きが嫌いになってしまうこともあります。
膝の上に赤ちゃんの頭を乗せ、優しく話しかけながら磨いてあげましょう。
焦らず、楽しく歯みがきをしてあげること。
それが一番大切です。

当院での子どもの歯の治療

虫歯の治療

虫歯の治療は大人でもイヤなもの。まして、子どもとなればなおさらです。 当院では、お子様がリラックスして治療を受けられるよう、チェアーについたモニターでアニメが見られる環境を整えています。アニメを見ていれば、意識も自然と歯にいかなくなります。

フッ素塗布

虫歯になりやすいポイントとして、歯の間、根元、かみ合わせの溝の3つがあります。虫歯になりやすい理由は、歯ブラシで磨きにくい点、そして唾液による歯を守るメカニズム(再石灰化)が起こりにくいことが挙げられます。フッ素には再石灰化を促進させる作用があるため、虫歯予防に効果があります。 当院では、ご希望のお子様にフッ素塗布を行っています。

シーラント

奥歯には溝があり、他の歯の溝に比べて、食べかすなどの菌が溜まりやすく、虫歯になりやすいのです。その溝の中を掃除して菌が入らないようにフッ素の入ったプラスチックの材料で覆う方法をシーラントと言います。
乳歯から行うと良いですが、6歳前後から生え始める下の永久歯は一生涯使う大切な歯ですので、6歳前後から行ってもよいでしょう。
当院ではご希望のお子様にシーラントを行っています。

矯正治療

矯正治療は大人になってからでも可能ですが、子どもの場合、歯や顎の成長に合わせて治療を行うことができるため、大人よりも治療期間が短く済んだり、歯を抜かずに済んだりするメリットがあります。
当院でも矯正治療を行っていますので、歯科検診で子どもの歯並びが悪いなど言われたお母様方はお気軽にご相談ください。

歯並びの治療

歯磨き指導

子どもの頃から正しいブラッシングを身に付ける事はとても大切です。正しいブラッシングができるようになると、そのブラッシングが習慣となり、将来の虫歯リスクを低下させるからです。
当院では、歯科衛生士による正しいブラッシングを分かりやすく指導します。

子どもの歯磨きについて

子どもは大人に比べて虫歯になりやすいため、日常での虫歯予防が大切です。
日常で行える虫歯予防には以下のようなものがあります。

おやつは決められた時間に
何度もおやつを与えると、歯の再石灰化が抑制されてしまいます。規則正しいおやつ回数・時間を心掛けましょう。
食べたらすぐ歯磨きをする
食後はすぐに歯磨きをしましょう。細菌はすぐに酸を出し、歯を溶かそうとします。
口を開けっ放しにして乾かさない
口の中が乾くと唾液が循環しません。菌が出す酸を中和するのは唾液の力です。
口を開けっ放しにして乾かさない
実際は違いますが、寝る前に口の中に菌がいたら、寝てる間ずっといるようなものです。
他の時間の歯みがきよりも丁寧な歯磨きを心掛けましょう。
ページトップへ