歯を補う治療

「美味しいものを食べたい」「よく噛めるようになりたい」など、歯は豊かな生活を支える大切なものです。
歯を失っても、歯を補う方法は入れ歯やインプラントなど色々とあります。
「入れ歯はバネがあって違和感を感じる。」とお思いの方、入れ歯にも色々な種類があります。また、違和感なく口を動かせるインプラント治療というものもあります。
どれがご自身にとって最適な治療なのか、まずはそれぞれの治療がどういうものなのかを知りましょう。

インプラント

入れ歯と違って毎回取り外し洗浄する必要がなく、自然な見た目を実現し、違和感を感じることのない治療法。それがインプラントです。
噛むチカラも強く、歯ごたえのある食べ物も楽しむことができます。

健康な歯を削る必要がない治療

失った歯を補う方法にブリッジがあります。「歯と歯に橋を渡す」という意味のブリッジは、健康な歯を削り被せ物をする治療法です。
他にも部分入れ歯という治療法もあります。部分入れ歯は健康な歯にバネをひっかけて使用するので、噛むたび健康な歯に負担がかかってしまいます。

  • ブリッジ

  • 部分入れ歯

インプラント治療は、歯がなくなった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台として人工の歯を取り付けますので歯を大きく削る必要がありません。また、定期的なメンテナンスを行えば、一生涯、自分の歯として使っていく事が可能です。
入れ歯のように付けたり外したりする必要がなく、また自分の歯のように噛むことができる画期的な歯科治療です。

当院のインプラント治療の流れ

  1. カウンセリング

    今の健康状態や治療のご要望などのお話をお聞きします。その後、口腔内検査、レントゲン検査等を行い、インプラントが適しているか検査します。そして、検査結果、費用、期間、リスクなどの説明をしっかりと行い、同意・契約を行います。

  2. 参考模型の作成(症例に応じて)

    症例に応じて、歯型をとり、参考模型を製作します。また、インプラント治療をより安全・正確に行うために、ステントと呼ばれるインプラントの埋入位置や埋入方向をガイドする装置を作製します。

  3. CT撮影

    当院ではインプラント治療を安全に行うために、CT撮影を行っています。従来のレントゲン撮影では平面の情報しか得られませんでしたが、CTでは立体画像情報が得られるため、今まで以上に質の高いインプラント治療を提供できます。

  4. 治療説明

    撮影したCT画像をモニターで確認、骨の状態を立体で把握します。
    骨だけでなく、傷つけてはいけない神経や血管の位置も確認できますので、CT画像による状態把握はインプラント治療にとって欠かせないものです。

  5. 一次手術

    歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開け、インプラントを埋めます。
    一次手術時間は1~2時間です。(症例によって多少前後します。)
    一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます。

  6. 二次手術

    骨とインプラントが定着した後に、埋め込んだインプラントの頭の部分を出し、「アバットメント」と呼ばれる人口の歯との連結部分を装着する手術を行います。

  7. 人口の歯の装着

    上部構造(人口の歯)作製のための型をとり、上部構造の装着を行います。

  8. メインテナンス

    治療後はメインテナンスへと移行していきます。
    口の中を衛生的に保つ必要があるため、ブラッシングなどの適切な指導を行います。
    また、インプラント治療後、1か月から3か月の間隔でメインテナンスでご来院いただき、インプラントの状態、かみ合わせなどを確認させていただきます。

料金表

※横にスクロールできます。

一次手術(ネジの埋め込み) 20万円~
二次手術(上物) 10万円~
骨造成 3万円~
ソケットリフト 5万円~
GBR 10万円~

入れ歯

失った歯を補う治療で誰もが思い浮かべるのがこの入れ歯治療です。
実は入れ歯にも様々な種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。

総入れ歯、部分入れ歯(保険診療)

保険で作れる入れ歯は価格を安く抑えられるメリットがあります。ただ、保険の入れ歯は使用できる材質に限度があるため、プラスチック素材になってしまいます。プラスチックは厚みがあるため、食べ物の味や温度を感じにくいです。 また、部分入れ歯は食べている時の入れ歯の動きを抑える必要があるため、反対側までバー等で伸ばす必要があります。このバーに厚みがあり、違和感を感じてしまいます。

  • 総入れ歯

  • 部分入れ歯

コーヌスクローネ(自由診療)

自由診療の入れ歯のメリットは、使用できる材質を選ぶことができることです。顎の骨の状態、噛み癖、残っている歯の状態など一人ひとりのお口に合わせた最適な入れ歯を作ることができます。また、材質も軽く薄いので食べ物の味、温度を感じることができます。

そんな自由診療の入れ歯の中でも、一番良いと言われるのがこの「コーヌスクローネ」です。
別名「テレスコープ」とも呼ばれるこの入れ歯、一体なにが良いのでしょうか。
下の画像をご覧ください。

一見すると、ただの健康的な歯のように見えると思います。
しかし、実際は下記のような仕組みで入れ歯になります。

このように、金属がほとんと見えずに健康的な歯のような審美性なのがコーヌスクローネの1つの特長です。

審美性だけでなく機能性にも優れた入れ歯

コーヌスクローネの優れているところは審美性だけではありません。 機能性も優れています。

  • よく噛める

    茶筒の原理を使用した特殊な入れ歯なので、食べ物がよくかめます。

  • 違和感がない

    バネやバーなどがないため、違和感を感じる事がありません。

  • 外れない

    ガッチリとはまっているため、外れる事はありません。ただ、取り外しは簡単です。

  • ずっと使える

    壊れたら作り直す入れ歯と違い、修理しながら一生涯使えます。

コーヌスクローネの仕組み

コーヌスクローネは別名「茶筒式義歯」とも呼ばれるように、茶筒、お茶の歯が入っている筒の原理と似ています。

茶筒は強く振ってもフタは外れません。しかし、フタにゆっくりした力を加えると外すことができます。これは摩擦力を利用しています。

  • 歯に被せる金属冠(左)と被せる前装冠(右)

  • 正面から見たコーヌスクローネ

その他の入れ歯(自由診療)

コーヌスクローネ以外の自由診療入れ歯、クリアクラスプ義歯、コバルトクロム床、純チタン床、ノンクラスプデンチャーなど取り扱っております。詳しくは料金表ページの入れ歯をご覧ください。

入れ歯 料金表

患者さんにとって最適な歯を補う治療

当院では、患者さん一人一人の口腔内の状況に応じて、入れ歯やインプラントなど安心で最適な治療を行っております。
治療に関するご質問、ご不明な点がなどございましたらお気軽にご相談ください。

ページトップへ