定期検診

歯医者でよく定期検診という言葉をきくことが多いと思います。でも「なんでむし歯がないのに歯医者に行かなくちゃいけないの?」と思われる方は多いのではないでしょうか。
どの歯医者に行っても口を揃えて言うこの定期検診、一体なにをするのか、何を見ているのか、どれくらいの期間で通えば良いのかを説明します。

定期検診のチェックポイント

歯の定期検診の主な内容は、むし歯や歯周病のチェック、粘膜や歯の詰め物に異常がないかどうかの確認、および歯のクリーニングを行うことです。
それ以外にも、入れ歯などをしている場合には入れ歯の装着具合や入れ歯の装置自体に問題ないかどうか。インプラントがある場合にはインプラントがぐらついてないかといった細かなところも見ていきます。
むし歯がある場合は、すぐに治療・処置をすることもあります。
また、これ以上むし歯や歯周病にならないためのブラッシング指導も行います。

定期検診の頻度

歯の定期検診の主な内容は、むし歯や歯周病のチェック、粘膜や歯の詰め物に異常がないかどうかの確認、および歯のクリーニングを行うことです。
それ以外にも、入れ歯などをしている場合には入れ歯の装着具合や入れ歯の装置自体に問題ないかどうか。インプラントがある場合にはインプラントがぐらついてないかといった細かなところも見ていきます。
むし歯がある場合は、すぐに治療・処置をすることもあります。
また、これ以上むし歯や歯周病にならないためのブラッシング指導も行います。

定期検診の費用

費用ですが、大体2,000円から3,000円を見ておけばよいでしょう。
レントゲンを撮るかどうかによって費用は変わります。ただ、しばらく歯医者に行っていない、今まで行っていた歯医者ではなく別の歯医者に行ったという場合は、レントゲンを撮った方がちゃんとした検診ができます。
レントゲンでは、治療を行った歯根の状態や神経の様子まで、肉眼では確認できない箇所まで検診することができます。

キレイで健康な歯を維持するために

大人になると、忙しくて歯医者に行く時間がないという方も多いと思います。しかし、大人の歯は子どもの歯と違い、生え変わることはありません。
今ある歯は、一生涯付き合っていく大切な歯なのです。
むし歯になってから歯医者に行くよりも、むし歯になる前に歯医者に行く方が時間もお金も掛からないでしょう。
当院は平日は夜7時まで、土日も診療しています。
空いてる時間をみつけて、一度定期検診に来てみませんか。

ページトップへ