設備紹介

精密な治療を可能とした歯科用ルーペ、安全性の高いインプラント治療を実現する3DCT、院内感染を防ぐ滅菌器や口腔外バキュームなど、安心して治療を受けられる設備機器が当院にはあります。

徹底した滅菌対策、院内感染防止

世界最高水準のクラスB滅菌器

エアタービンなどの歯を削る器具は、使用すれば当然、細菌やウィルス、血液などが付着し汚染されます。バーや内部には水が通るチューブなどがあり、拭いたり洗ったりするだけではきれいにはなりません。

当院では「DACプロフェッショナル」というクラスB滅菌器を使用し、滅菌しています。
「クラスB」というのは、基準が厳格とされているヨーロッパ規格の中で最高基準のクラスです。
真空状態と蒸気の注入を3回繰り返すことで、器具の中に残っている空気を取り除き、蒸気を細部まで行きわたらせます。

全ての治療器具を滅菌・消毒

当院では治療で使用した全ての器具に対して、オートクレーブを始めとする複数の方法を併用して滅菌、消毒を徹底しております。
使用した器具は超音波洗浄で汚れを取り除いた後、オートクレーブにかけ滅菌処理を行い、高温、高圧によりウイルスを死滅させます。当院では2台のクラスB滅菌器を設置しております。滅菌された器具は滅菌パック入れ、使用直前まで保管されています。
熱に弱い器具はホルマリンガス殺菌器にて殺菌を行い、無菌状態にするように努めております。ハンドピースも専用のメンテナンス装置「ルブリナ」を使用することで洗浄、注油し、常に清潔な状態で患者様の治療を行っています。

水消毒システム

当院の診療ユニットは「給水管路クリーンシステム」を搭載しているため、治療中お口の中にかける水や、うがいの時に使用する水は全て消毒された水となっているため安心です。

給水管路クリーンシステムは、診療が終わった後、洗浄液を管(くだ)に注入します。洗浄液は診療していない夜間や休日等に管内に滞留、診療が開始されるまでクリーンに保ちます。
診療開始時に洗浄液を排出するため、常にクリーンな水で診療が行えます。

空気がキレイな院内環境

歯や入れ歯・被せ物などを削ると、とても細かな粉が飛びます。これを切削粉といい、空気をとても汚染させます。また、空気中に飛散した粉は、患者さんが呼吸時に吸い込んでしまう恐れもあります。
当院では、口腔外バキュームという吸引器をチェアーサイドに設置、切削粉が空気中に飛散しないよう、また患者さんが吸い込まないよう配慮しています。

精密・的確な治療を可能にする設備機器

歯科用ルーペ

当院では、ドクターだけでなく歯科衛生士含めスタッフ全員が歯科用ルーペを使用しています。ドイツの光学機器メーカー「カール・ツァイス」社製のルーペで、カール・ツァイスは1846年にドイツで創業、今や映像・医療分野など様々な分野で活躍している老舗メーカーです。

歯科用ルーペを使用している歯医者自体、まだそれほど多くはありません。
しかし、菊名デンタルクリニックでは、医師だけでなく歯科衛生士も常用するようにしました。
その理由は、治療だけでなくメンテナンスやクリーニングも治療と同じくらい大切と考えているためです。
また、歯科衛生士もルーペを使用することにより、今まで以上に患部が見えるため、ドクターとの情報連携が円滑になり、迅速・的確な治療が可能となります。

3D CT

当院では歯科用CTを導入しました。
従来のX線写真は二次元的な平面での画像情報しか得られず、難易度の高い治療成功の有無は医師の腕に大きく左右されていました。しかし、歯科用CTでは平面ではなく、三次元の立体画像情報が得られるため、今まで以上に精度の高い治療を提供することができます。
当院では、以下のような治療にCTを利用、患者さんが安心して治療を受けられるよう心掛けています。

インプラント治療

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋入する治療ですが、顎の骨の形は複雑です。
骨の幅や高さ、神経の位置や骨密度情報などを正確に把握することが、インプラント治療を成功させるために大切となります。
従来のレントゲンでは得られなかった情報をCT検査で得る事で、正確な位置に適切な太さのインプラントを埋入することが可能となります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯で怖いのが、抜歯時に神経や血管を傷つけてしまうことです。
下顎の骨の中を通っている「下顎管(かがくかん)」というものがあるのですが、この管の中には神経や血管が通っています。親知らずと下顎管がくっついている場合、抜歯してしまうと知覚麻痺等のリスクがあるのです。
くっついているのかくっついていないのか、CTであれば確認することができ、親知らずを抜歯した方が良いのか悪いのか、判断することが可能です。

根管治療(根尖病巣の診断)

根管治療とは、神経までに達した虫歯の治療の事です。虫歯が神経までに達した場合、どこまで達しているのか、また病巣があるのかなどの診断が必要となります。ただ、根の形態は複雑なため、レントゲンの平面図ではなかなか判断が難しいのです。
CTであれば、断面図の画像で虫歯の到達具合や病巣の有無などハッキリと分かります。

ページトップへ