歯ぐきの治療

歯ぐきから血が出る原因

歯みがきをしていると、歯ぐきから血が出る。
それはもしかしたら歯周病かもしれません。
歯周病は成人の80%がかかっている病気といわれ、歯を失う最大の原因となっています。
歯周病の症状は、歯ぐきから血が出る以外にも様々なものがあります。
まずは、下記項目に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

歯周病チェック

  • 歯ぐきが腫れることがある
  • 歯がぐらぐらする、動く
  • 口が臭いと言われたことがある
  • 冷たいものが歯に沁みる
  • 歯ぐきがぶよぶよしている
  • 唾液がねばねばしている
  • 歯が伸びた気がする
  • 食べ物がよく詰まる

いかがでしたか?
当てはまる項目が多いからといって、必ずしも歯周病とは限りません。
しかし、歯周病の可能性もありますので、一度歯医者で歯周病かどうかチェックしてもらいましょう。

歯周病の原因と進行度合い

歯周病とは、その名の通り、「歯の周りの病気」です。
歯垢(プラーク)という物質が歯の表面にくっついて歯ぐきを炎症させます。この炎症が、歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。
歯周病には、いくつかの進行度合いがあります。

  • 黒ずんでいる部分は、磨き残してしまった食べかす(細菌)の集合体であるプラークです。
    プラークは粘着性が強く、歯の隙間などに入り込み、徐々に蓄積されていきます。
    また、うがいをした程度では落ちません。

  • 蓄積されたプラークは、徐々に骨を溶かしていきます。骨を溶かすといっても痛みを伴わないため、自覚症状はありません。虫歯がないのに口が臭いと言われたり、歯から膿が出たりした場合は歯周病の疑いがあります。

  • こうなってしまうと、歯がぐらぐらになります。また、プラーク(細菌)が相当溜まっているため、日常的に口が臭い、歯からいつも膿が出るようになります。

歯周病の進行度合いと治療法

当院では、歯周病の進行度合いに合わせた治療を行っております。

初期の歯周病治療ステップ

初期の歯周病を「歯肉炎」といいますが、歯肉炎の場合はブラッシングによるプラークコントロールを行い、歯周病を改善していきます。
具体的には歯科衛生士によるブラッシング指導です。
誰でも、歯磨きは毎日行っていると思います。しかし、正しい歯みがきを行わないとブラシが当たっていない箇所が必ずあります。そのブラシが当たっていないポイントを調べ、効率よくプラークを取り除くことができるよう改善していきます。

中期の歯周病治療ステップ

ある程度歯周病が進行している場合、ブラッシングだけでは治療が難しくなります。プラークは時間の経過とともに硬くなっていき、「歯石」というものに変化し、歯の表面にこびりつきます。歯石は、その名の通り「石」のように固いため、ブラッシングでは取り除くことができません。
専門の器具を使った歯科衛生士によるスケーリング(歯石除去)、場合によってはルートプレーニング(奥深くの歯石除去)などを行います。

重度の歯周病治療ステップ

重度まで進行している歯周病の場合は、歯石除去だけでなく、歯周外科手術による感染した歯ぐきの除去などを行い、歯周病の進行を止めます。

歯周病治療薬「リグロス」が保険適用となりました

リグロスは保険適用で歯周病治療が受けられる画期的な薬です。
従来、歯周病治療で使われていたエムドゲインは自由診療のため、治療費は10万円以上の負担が必要でした。保険適用されたリグロスでは6,000~8,000円程で治療を受けることが可能です。
一部の歯科医院でしか導入をしていない治療法ですが、当院ではいち早く導入することで、より患者様のご希望に添ったを治療法を提供しております。

当院の歯周病治療について

歯周病治療の方法は、歯医者によって異なります。
軽い虫歯のように、削って詰めて終わり、という訳にはいきません。なぜなら、歯周病は今まで蓄積されてきた結果だからです。

一回でサッと済ます歯医者もある中、当院では歯科衛生士による細心の注意と高い技術、さらには患者さんの歯ぐきの状態をデータ管理することによって、患者さん一人一人に合わせた歯周病治療を行っています。
保険診療で全て行うことができますが、進行度合いによっては、長期にわたり通院していただかなければなりません。ルールに沿って治療していかなければ、しっかりとした歯周病治療が行えないためです。

菊名デンタルクリニックは、歯周病を治すために患者さんと真摯に向き合います。わたしたちと一緒に歯周病を治しませんか。

ページトップへ